FC2ブログ

あれから4年

今日は、母の命日でございます

早いモノですね

あれから4年経ったなんて、、、、信じられません

心の中では、まだ1~2年しか経ってませんよ~




先日、友人K子にあった時

「もう、お母さん亡くなって何年になったん?」

と聞かれた時

「4年」と答えたら

K子は、「私も、そう言えるようになるのかな?」と呟いていました

彼女も旦那さんを亡くして、心の時計の針が止まったままのようです

子供は、どんどん成長していくのに

子供のイベントが沢山あるのに

笑顔で写真を撮る自信がないと

言っていました

そんな彼女に

「私だって、もう4年も経ったけど、昨日のことのように覚えているし

笑って思い出話をすることも出来ないでいる

急がなくても良いんじゃない?

笑顔で写真が撮れないなら

ムリに笑うこと無いさ

いつの日か話せば分かってくれるでしょ!」

と私なりの気持ちを伝えました

旦那さんのことを考えると、お祝い事どころではない様です

仕方ないですよね


私も何故、母は私をおいて旅立ってしまったのだろうと

ずっと考えていました

ちょっとした悩みごとも人に話したら何て思われるのだろうと思い

話せず、孤独感を感じていました

きっと彼女も同じ気持ちで日々過ごしているんですよね


私は現在、彼に話せるようになったことと

こうしてブログを通じて相談できるようになり

心が軽くなりました

彼女の子供たちが、彼女の気持ちを理解して

支えてくれるようになったら

良いんですけどね


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~

お母さんが旅立たれて4年なのですね まだまだ悲しみは癒えないのは
当然です。 でもね ちゃ~んとmikan-tiiさんを見守ってますからね

元気な時もそうでない時も常に心の中で生きていらっしゃいます。

いつかとか言いきれませんが 時間が少しづつ癒してくれることでしょう。

鈴ちゃんに 癒されてますよね 彼に話せるだけでも幸せですよ。


お父さんのことですが お父さんなりに考えていらっしゃいますよ。
うまく mikan-tiiさんに伝わらないのかもね。

親子でも分かり合えない部分は 誰でもありますし
一緒に住んでいる以上 平穏に過ごしたいですからね。


伊豆のおばちゃんも 今まで 辛いことを沢山乗り越えてきましたよ。

毎日 幸せと思えることに感謝しましょうね。







No title

こんばんは。

僕も孝ちゃんが旅立ってから4年目を迎えようとしています。

僕もやっと4年ですって言えるようになっています。
本当に長いようで短い月日でした。

でも7月1日が近づくにつれ
少しばかり心は不安定になると思います。

でも彼女は、みんなと一緒に
このブログの中に行き続けていると思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは
人の死、っていろんなことを教えてくれますよね。
時間が経つと、またいろいろと気持ちの変化も出てくるのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ごきげんよう。

お母さんの、強い味方 v-237 良き理解者に育つよ v-218v-17

~☆・゜+。*゜・.+お返事+.・*´゜+・。*☆

プチ・クレソンさんへ

日々、幸せを感じられるように
心穏やかに過ごせるよう頑張ります

孝ちゃんのパパさんへ

そうですね
その日が近づいてくると、気持が不安定になりますよね
何年たっても、多分 同じことを繰り返すのでしょう
でも、去年よりは少し前向きな気持ちになってますよね
ブログの中や孝ちゃんのパパさんの心の中に生き続けていますよ

鍵コメUさんへ

そうでしたか、、、、
大切な人を亡くすと同じ気持ちですよね
身近な人ほど、辛いですよね
私も似たような言葉を聞いたことがあります
なので泣いてばかりいるのを止めなければ、、、、と考え
1年以上が過ぎてようやく 涙を流す回数が減りました
お互いに、頑張りましょうね

かぴさん へ

時間が経つと、気持もだんだん変化していきますね
最初は、受け入れられなくて
誰かのせいにしていました
母が亡くなったのは、病院のせいだ、会社のせいだとか
今は、そんなことを考えても仕方ないと思うようになりました

鍵コメbさんへ

お久しぶりですね
見守る優しさも必要ですよね
色々アレコレ気遣っても、迷惑になってしまうこともありますし
本当に無神経な人には、困ってしまいますよ

ボス。さんへ

ボス。さんの息子さんのように、頼もしく育ってくれたらいいなv-363

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)