FC2ブログ

途中経過





土曜日は、病院で酸素吸入をしてもらってからは


かなり楽になったようで落ち着いてました


薬もちゃんと飲んでくれて…しかし、ご飯は食べてくれなくて


お水も飲まないのでリンゴを小さくちぎって食べさせてました


日付が変わるころ、苦しがったので私のお腹の上に乗せ


一緒に横になりました


すると、落ち着いて呼吸も安定しました


隣りで相方は、酸素吸入器を検索し、いろいろ調べポチっとしたのですが


到着までに数日かかるので


何か他にできないのかと再び検索をはじめ、レンタルすることができることを知りました



購入したものは、連続稼働5時間


レンタルのものは、連続稼働24時間可能

直接取りに行けば、当日受け渡しも可能な年中無休のお店を見つけました


場所は、私の実家の近く



翌日営業時間になったら、電話をしてみることにして


鈴ちゃんは、ケージで寝てもらうことにして


布団に入りました





翌朝 4時30分


鈴ちゃんのケージから物音がして目が覚めました


ケージの床の上でのた打ち回る姿に焦りました


直ぐに抱き寄せ、背中を撫でながら声をかけると落ち着きました


これは時間の問題だなと思いました



病院の電話受付時間に電話をしてたのですが


診てもらえるのは、午後3時


今すぐお願いしたい気持ちを堪え、予約を入れました




相方は、酸素吸入器を貸してくれるお店に電話をし


受け取り時間を確認すると、最短で午後3時と言われ返事をしたと


どちらも午後3時


車は1台しかない


さぁ、どうしよう…悩みました


お義母さんにお願いして病院へ連れて行ってもらえないか相談したのですが


夕方に予定があるので、その前ならと


とりあえず、保留にして電話を切り


八方塞がりな状態で数時間悩み、鈴にとって何が一番必要なのか


ただそれだけを考えることにしました


病院へ行っても、酸素吸入器に入っていられる時間は限られていて


前日と同じなら


午後4時まで待っていれば、相方がレンタルショップから帰ってきて


そこからずっと酸素を供給できる


そう考え、病院をキャンセルし、相方にレンタルショップへ行ってもらいました




1分がとても長く、鈴と一緒に過ごす時間が残り僅かかもしれないと思うと


本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになり


何もできない自分が嫌になり、鈴ちゃんに対して謝罪の言葉しか


出てきませんでした


ご飯も食べなくなってしまって、トイレを促しても何も出なくて


目を閉じたまま時々もそもそ動いては、口を開けて呼吸をしている姿を


見ているのも辛く


何とか落ち着かせるために、私はお腹の上にのせ呼吸を整えてあげることしか出来なくて


ただただ相方の帰りを待つしか出来ませんでした











借りてきたものは、ワンちゃんの臭いがして鈴ちゃんがパニックになってしまったので


鈴ちゃんのケージに酸素吸入器から出るチューブを取り付け


ポリ袋をかぶせ、簡易型の酸素吸入ハウスを自作しました


酸素を与えると呼吸も落ち着き、口で息をすることもなくなり


何よりご飯を食べ始めてくれました


直ぐに疲れて横になるけど、一歩前進した感じ


この日の夜は、良く寝ていました





月曜日の午前中は、まだまだ苦しそうだったけれど


午後になったら自力で水が飲めるようになりました


少し動くと息が上がってしまうけど、辛くはないようです


トイレを促したり、薬を飲ませたりしながら


様子を見ています


根本的なことは、まだ解決していませんが


とりあえず落ち着きましたことをご報告させていただきます


皆様の温かいメッセージを有難く読ませていただきました


とても励みになります


ありがとうございます





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)