3月15日の出来事 ①



朝から肌寒く、鈴ちゃんは午前中 お布団に潜ったまま出てきませんでした


昼ごろになると


寝飽きたのか出てきて、一緒に昼食を食べ


そのあと、出せ出せと騒ぎ出したのでいつも通り遊ばせました


大好きな別宅に入ってホリホリしまくって出てきたのですが・・・


なんだか様子がおかしいのです


ケージに戻って、右足をペロペロ舐めているのですが


ずーとなんです



「 鈴どうした!? 」


と声をかけるとケージがらでて、カーテンレールの上に登り背中を向け


そこでも右足を舐めていました


私が背伸びして手を差し伸べると、なんとオシッコをかけてきたのです


「 鈴、降りてきなさい 」


いつもならこう言えば必ず私の手をつたい肩まで来るのに


今日は、反抗していました


背を向けたままの鈴をムリヤリ掴んで、抱き寄せると


手に血がつきました


鈴は、離せ離せとジタバタしているけど


「 ちゃんと見せて!! 」


そういうと、少し大人しくなり舐めていた右足を見ると


小指の爪が無くなって出血していました


ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪



えーーーと、とりあえず鈴をお出掛けキャリーに入れて落ち着かせ



病院に電話…ググらないとだ


1件目 プルルルル~


「 はい、○○動物病院です 」


「 あの~シマリスを診察してもらえますか? 」


「 少々お待ちください 」


「 すみません、シマリスは・・・診れません。専門ではないので。 」


「 ならば、どこか診てくれる先生を紹介してもらえませんか? 」


「 えーーーと、分かりません。申し訳ございません。


知識が足りず本当にごめんなさい。 」


「 そ、そうですか。。。では、失礼します。 」



てか、病院繋がりとか無いんかい!!と言いたかったけど、相手にしている時間もないので


2件目 プルルルル~


「 はい、こちらは○○クリニックです。只今の時間は、診察できません。


午後4時30分にもう一度おかけ直しを・・・ 」




3件目 プルルルル~


「 コチラは、○○動物病院です。午後の診察は、4時30分からとなっており・・・・ 」



4件目 プルルルル~


応答なし



5件目 プルルルル~ 



「 はい、○○動物病院です」


「 スイマセン、シマリスを診てもらいたいのですがー 」


「 少々お待ちください 」


「 どうなされましたか? 」

                         ↑多分、先生と思われる方

「 足の爪が取れてしまったみたいで、出血しているんですけど 」


「 出血の量は、多いですか? 」


「 はい 」


「 シマリスは、難しいんですよ。飼い主さん、触れますか? 」


「 はい、触れます。 」


「 それなら、診察できますよ。ウチは、予約制なんですけど


空き時間に来ていただけますか? 」


そう言われ、予約を入れ向かうことに


鈴が怪我をしてから2時間後の時間でした


行ったこともない場所なので、地図を検索し、少し早目の1時間前に家を出ました



私の方が貧血で気分が悪くなったけど、飴ちゃんを舐めて


鈴を助手席に乗せ、地図を片手に出かけました



この続きは、次回



スポンサーサイト